いつまでも白い羽根 動画 3話 無料視聴見逃し配信再放送 Dailymotion Pandora 9tsu miomio

スポーツの試合の放送時間が延長してしまったり、録画を忘れて ついつい見逃してしまった人も多いですよね。

そこで今回は、「いつまでも白い羽根」の動画を無料で見られる方法をご紹介していこうと思います!

※なお、本ページの情報は2018年4月時点のものです。最新の配信状況は FODサイトにてご確認ください。

いつまでも白い羽根 動画 3話 無料視聴見逃し配信再放送 Dailymotion Pandora 9tsu miomio

Dailymotion

 

「いつまでも白い羽根」~YouTube、Pandora、Dailymotion、9tsuなどで動画が削除されていた場合

それでは、まずは「いつまでも白い羽根」の第1話~最終回までの動画の見逃し配信を無料視聴する方法をご紹介しておきますね。

もし、上記リンク先で既に動画が削除されているのであれば、あとはFODで無料視聴をすることが可能になります。

順序としては、

  1. FODに登録(31日間無料)
  2. 「いつまでも白い羽根」の動画を視聴
  3. 無料お試し期間中(31日以内)に解約

このようにすれば、動画を視聴できますし、31日以内に解約すれば一切お金はかかりませんのでオススメです。

また、「いつまでも白い羽根」」の他にも、他の最新ドラマの動画も視聴することが可能です。

月額利用料もすごく安いので、すぐに解約することもできるし、気に入った場合は継続できるのがFODの良いところですね!

FODの公式サイトはこちら⇒FODプレミアム(フジテレビオンデマンド)

恋神アプリ ボラカイ島編

「いつまでも白い羽根」のあらすじ

病棟実習で、瑠美(新川優愛)はがん患者・千田仙蔵(笹野高史)を担当する。口が悪くかんしゃく持ちの千田に辟易(へきえき)する瑠美だったが、拓海(清原翔)の助言を受けて、千田と本音でぶつかることで徐々に距離を縮めていく。と同時に、瑠美の中で拓海への想いも大きくなるが、拓海の気持ちは遠野に。千田の病状は次第に悪化に向かい、その複雑な家族環境もうかがい知れるようになり、瑠美の悩みは尽きない。「誰かを憎いと思ったことありますか?」千田に尋ねると…。

FODの公式サイトはこちら⇒FODプレミアム(フジテレビオンデマンド)

恋神アプリ ボラカイ島編

「いつまでも白い羽根」に寄せられた感想・評価

 

Twitter上に挙げられていたコメントの一部を抜粋して紹介しておきました・・・美人のキャストさんがたくさんいますから、そこに注目している人が多いようですね!

 

また、FODをはじめとした動画配信サービスを有効活用している人も多いみたいです・・・Dailymotion、Pandoraの動画とかって広告がウザいですし、もう少しマイナーな動画サイトとかは、再生ボタンをクリックすると変な広告が流れてきて、パソコンがウイルスに感染するという話も聞きます。

 

安心して「いつまでも白い羽根」を動画視聴したいならFODがオススメですよ。

FODの公式サイトはこちら⇒FODプレミアム(フジテレビオンデマンド)

恋神アプリ ボラカイ島編

 

 

参考文章

第9話は、これまで調べてきたことがだいぶわかってきて、だんだんとスッキリしてきたという感じです。吉岡君の死の真相については、まだ直接的なはっきりとした理由は分かっていませんが、霧島先生の悪事も明らかになり、あともう少しで決着できるように思いました。

それと同時に止まっていた日向の母親との関係にも進展がありそうです。告白の事実を伝えたことで、責任を取って学校をやめ、恋人にも別れを告げ、いよいよ一番大きな問題に立ち向かう決心をしていることに共感しました。私も母親という立場なので、逆側の立場から子供の気持ちについて改めて考えさせられる内容でした。子供であっても一人の人間だし、尊重しながらも親として支えていくことが大切なんだなと思いました。
次回はいよいよクライマックスの最終回、母親との長きに渡る苦しい関係にも、いよいよ終止符が打たれることと思います。しっかりと母親と向き合い、これまで日向がずっと心の奥底に抱え込んでいた思いをさらけ出し、すべてをぶつけることでようやく新しい未来が開けると信じています。日向の想いに対し、母親がどのようになるのかはわかりませんが、もしかしたら精神的に追い詰められるのかもしれません。でもきっとそれに負けず、我慢しないでぶつかることが絶対必要だと思います。

その問題を片付けることができた時に初めて、日向の新たな人生が開けるのだと思います。もしかするとお互いに抱えていた問題を片付けた恋人と、再び1からスタートできるのかもしれないと思います。とにかく最後は問題を乗り越えた日向が、明るく前向きに歩き出すのが楽しみです。

 

 

参考文章

霧島先生のした事が理解し難かったです。「種をまいた」だけという発言も、自分のしてる事が教師として失格だと自覚がある上で、「そういう扱いを受ける者には受けるなりに問題がある」と罪の意識を自分以外にあててるのが、懸命に圭吾の死や他の生徒達に真剣に向き合って一緒に行動してきてもいる日向とは真逆の考え方で、嫌悪感を抱く位に感情移入してました。しかし進んでいく内に霧島先生の以前の学校での問題や圭吾の母親からの余計な言葉に一人の人間としてそうならないとやっていけなくなってしまったのかもと想像する事も出来ました。また香澄が霧島先生を襲わずに留まった彼女の葛藤と圭吾への後悔が切なかったです。そして日向だけじゃない他の生徒や真紀子、記者の小嶋とか色んな人間の心情も見られ考えさせられました。
真紀子が圭吾の部屋でロープをかけるシーン、そういう気持ちになってしまうだろうなと思いながら最終回へと続くのですが、真紀子には英美里もいるしここで亡くなってしまってほしくないという個人的な願望から生きていてほしいです。そして日向と真紀子はまた対峙するシーンが用意されてる気がします。本庄とはこのまま別々の道にいって、日向は北見と関係が進んでいくんじゃないかとこれまた願望として期待してます。最終回なのですべてを回収する展開になると思いますし、尚子との関係にも決着か新しい踏み出しがあると思います。また最後は生徒達が圭吾にお線香をあげに行けるんじゃないかなと思っています。