いつまでも白い羽根 動画 4話 無料視聴見逃し配信再放送 Dailymotion Pandora 9tsu miomio

スポーツの試合の放送時間が延長してしまったり、録画を忘れて ついつい見逃してしまった人も多いですよね。

そこで今回は、「いつまでも白い羽根」の動画を無料で見られる方法をご紹介していこうと思います!

※なお、本ページの情報は2018年4月時点のものです。最新の配信状況は FODサイトにてご確認ください。

いつまでも白い羽根 動画 4話 無料視聴見逃し配信再放送 Dailymotion Pandora 9tsu miomio

Dailymotion

 

「いつまでも白い羽根」~YouTube、Pandora、Dailymotion、9tsuなどで動画が削除されていた場合

それでは、まずは「いつまでも白い羽根」の第1話~最終回までの動画の見逃し配信を無料視聴する方法をご紹介しておきますね。

もし、上記リンク先で既に動画が削除されているのであれば、あとはFODで無料視聴をすることが可能になります。

順序としては、

  1. FODに登録(31日間無料)
  2. 「いつまでも白い羽根」の動画を視聴
  3. 無料お試し期間中(31日以内)に解約

このようにすれば、動画を視聴できますし、31日以内に解約すれば一切お金はかかりませんのでオススメです。

また、「いつまでも白い羽根」」の他にも、他の最新ドラマの動画も視聴することが可能です。

月額利用料もすごく安いので、すぐに解約することもできるし、気に入った場合は継続できるのがFODの良いところですね!

FODの公式サイトはこちら⇒FODプレミアム(フジテレビオンデマンド)

恋神アプリ ボラカイ島編

「いつまでも白い羽根」のあらすじ

瑠美(新川優愛)はがん患者の千田(笹野高史)から、花房チヨという女性に宛てた手紙を託される。戦争で母を亡くした千田は、生き延びたチヨのことをある事情からずっと許せないで生きてきたという。彼女に手紙を渡したい…千田の願いは切実で、その重さに瑠美は動揺する。一方で瑠美は、何人もの医師と関係を持っては別れてを繰り返す遠野(さとうほなみ)に振り回され、その真意を図りかねていた。そんな中、千田がついに危篤に陥る。

FODの公式サイトはこちら⇒FODプレミアム(フジテレビオンデマンド)

恋神アプリ ボラカイ島編

「いつまでも白い羽根」に寄せられた感想・評価

 

Twitter上に挙げられていたコメントの一部を抜粋して紹介しておきました・・・綺麗どころの女優さんがたくさんいますから、そこに注目している人が多いようですね!

 

また、FODをはじめとした動画配信サービスを有効活用している人も多いみたいです・・・Dailymotion、Pandoraの動画とかって広告がウザいですし、もう少しマイナーな動画サイトとかは、再生ボタンをクリックすると変な広告が流れてきて、パソコンがウイルスに感染するという話も聞きます。

 

安心して「いつまでも白い羽根」を動画視聴したいならFODがオススメですよ。

FODの公式サイトはこちら⇒FODプレミアム(フジテレビオンデマンド)

恋神アプリ ボラカイ島編

 

 

参考文章

刑務所を出た主人公が息子に会おうとする姿がとても切なかったです。
ただでさえ、思春期の男の子は複雑な心境のはずです。
そこに、前科を持った元母親が会いに行く。
もうそれだけで切ないのに、小泉今日子さんの演技力でさらにその気持ちが大きくなりました。

そして毎回思うのですが、満島ひかりさんの凛とした態度がとてもステキです。
中だるみしてもおかしくないような状況でも、彼女のまとっているきりりとした空気が、ドラマを引き締めてくれますよね。
「先生」と呼ばれるような立場だからというのもあるかもしれませんが、毎週、気持ちいいなと思っています。

最終回に近づくにつれて、ゆるい部分よりスリリングな展開の方が目立ってきたように思えた9話でした。
とにかく「更生」がうまくいってくれれば。
主要メンバーの女性たちが、どんな結果であろうとも、声を出して笑えるような終わり方であってほしいです。
もちろん、夏帆さん演じる姫の無罪も確定となってもらいたい!
そして、なんとかして息子さんを取り返すことができるといいなと思います。
姫の息子を囲んで、主要メンバー全員が笑顔になれたら最高ですね。
ぜひ、見ている人がスカッとして、気持ちのいいエンディングを期待したいます。
それと、できれば最終回だけは、「何年のどこに戻る」という演出を省き、現在の時間のまま一気に物語を進めてもらえたら嬉しいです。

 

 

参考文章

女の子って怖いなって以前から思っていたのですが、この番組ではそれをあますことなくフルに出し切っていて今回は最終回への伏線ということもあり、今まで計画していたことが一気に動き出す終わりの始まりを描写しており脚本家の方や演者の方もそのあたりの演技や構図をデスクと現場とですり合わせるのに苦労したに違いありません。今回の会でいにんしょうに残ったのは息子を思う母親のやさしさによかれと思ってとった行動が裏目にでてしまったことです。これはまさに陰陽師のいう陰陽であり地「獄への道は善意で敷き詰められている」の典型パターンです。まそこも計算してシナリオは描いていると考えると書いたひと天才!!と拍手を思わずおくりたくなりました。次回最終回リニアに一直線でつっぱしるのか蛇の道は蛇なのか大変楽しみです。
次回は舞台は沖縄ということで自分の出身地が舞台になるのでどんなところでロケをしたのか非常にたのしみです。さて 次回は岩井が実行犯を尋問するシーンでもどうやら直線的には事態は打開せず野望をむき出しの五郎に事件にしなからと持ち掛けれられるようですがこの取引が事件への重大な結末のきっかけとなって、吾郎の死亡フラグがたったと!私は察しました。こういう取引があるときは大抵フラグがたった時ですので。復讐は最終的には遂げられるものの全員のリベンジには幸福というものはありませんから復讐計画を考案した全員になんらかの不幸が身に降りかかって終わり。といった感じになりそうですね