コンフィデンスマンJP 動画 4話 無料視聴見逃し配信再放送 Dailymotion Pandora 9tsu miomio

スポーツの試合の放送時間が延長してしまったり、録画を忘れて ついつい見逃してしまった人も多いですよね。

そこで今回は、「コンフィデンスマンJP」の動画を無料で見られる方法をご紹介していこうと思います!

※なお、本ページの情報は2018年4月時点のものです。最新の配信状況は FODサイトにてご確認ください。

コンフィデンスマンJP 動画 4話 無料視聴見逃し配信再放送 Dailymotion Pandora 9tsu miomio

Dailymotion

 

「コンフィデンスマンJP」~YouTube、Pandora、Dailymotion、9tsuなどで動画が削除されていた場合

それでは、まずは「コンフィデンスマンJP」の第1話~最終回までの動画の見逃し配信を無料視聴する方法をご紹介しておきますね。

もし、上記リンク先で既に動画が削除されているのであれば、あとはFODで無料視聴をすることが可能になります。

順序としては、

  1. FODに登録(31日間無料)
  2. 「コンフィデンスマンJP」の動画を視聴
  3. 無料お試し期間中(31日以内)に解約

このようにすれば、動画を視聴できますし、31日以内に解約すれば一切お金はかかりませんのでオススメです。

また、「コンフィデンスマンJP」の他にも、他の最新ドラマの動画も視聴することが可能です。

月額利用料もすごく安いので、すぐに解約することもできるし、気に入った場合は継続できるのがFODの良いところですね!

FODの公式サイトはこちら⇒FODプレミアム(フジテレビオンデマンド)

恋神アプリ ボラカイ島編

「コンフィデンスマンJP」のあらすじ

ダー子(長澤まさみ)は、食品メーカー・俵屋フーズで工場長を務めている宮下正也(近藤公園)が、自社製品の産地偽装を告発しようとしていたことを知る。看板ヒット商品の缶詰「うなぎのカレー煮」で、外国産のうなぎを国産だと偽って使用していたのだ。しかし宮下は、同社社長・俵屋勤(佐野史郎)の脅しに屈し、告発文を出すことはできなかった。俵屋は典型的な二代目のお坊ちゃんで、公私ともにやりたい放題、社員へのどう喝、セクハラも日常茶飯事、というとんでもない男だった。 そんな俵屋を新たなターゲットに選んだダー子は、彼が熱狂的な映画ファンであることに注目する。ダー子たちは、俵屋が定期購読している『月刊キネマ新報』を“映画人が愛した銀座のカフェバー・スワンソン”なる記事を載せたニセモノと差し替えて、彼をその店に誘い込むことに成功する。 そこで、新人映画監督に扮したボクちゃん(東出昌大)と、映画プロデューサー役のリチャード(小日向文世)が巧みに俵屋に近づき、オールスターキャストで制作されるという新作時代劇映画への出資を持ちかける。ところが俵屋は、ボクちゃんたちの話にかなり興奮していたにもかかわらず、なぜか出資話には興味を示さず…。

FODの公式サイトはこちら⇒FODプレミアム(フジテレビオンデマンド)

恋神アプリ ボラカイ島編

「コンフィデンスマンJP」に寄せられた感想・評価

https://twitter.com/newsleader4/status/983013041733120000

 

Twitter上に挙げられていたコメントの一部を抜粋して紹介しておきました・・・長澤まさみさんが主演とあって、期待する声がかなり多い印象でしたね。

 

また、FODをはじめとした動画配信サービスを有効活用している人も多いみたいです・・・Dailymotion、Pandoraの動画とかって広告がウザいですし、もう少しマイナーな動画サイトとかは、再生ボタンをクリックすると変な広告が流れてきて、パソコンがウイルスに感染するという話も聞きます。

 

安心して「コンフィデンスマンJP」を動画視聴したいならFODがオススメですよ。

FODの公式サイトはこちら⇒FODプレミアム(フジテレビオンデマンド)

恋神アプリ ボラカイ島編

 

 

参考文章

率直な感想としては、非常に面白かったです。単純なストーリー内容ではなく、色々なことが後から繋がるようになっており、最後に「なるほど!」と思える、興味がそそられる内容になっております。
最初はファイナルカットという意味も分からずに見始めました。いきなり母親が自殺?するという斬新な内容から、徐々にそれに関する復習なんだなと理解できました。

こういうドラマは意外と好きで、ミステリーな要素とそれを解決していくといった内容です。
題材も、印象操作と言った普段聞きなれない内容でした。まだよくわかっていませんが、マスコミが本質的な内容ではなく、数字目的に受けて側の印象を変えてしまうという恐ろしい内容です。

現実にもあるのかなぁ。。と思い、今後のストーリー展開も楽しみです。
まず、1話を振り返っての単純なストーリー展開としては、橋本環奈姉妹の兄である男が、本当の幼児殺害犯という内容ですね。それを亀梨演じる、警察官が再捜査をして、真犯人を突き止める。
その真犯人を井出が報道で真実を公表。といった感じかと思います。

しかし、それではあまりにも普通過ぎるのでそこにある変化としては、まず警察官の高田が何か真実を隠しているように思います。
不吉な笑みを浮かべていたので亀梨の操作を妨害してくることは考えられます。
それをどう亀梨が切り崩すかが楽しみなところかと思います。
恐らく、そこに橋本環奈姉妹辺りが、絡み手助けをするのか、逆に悪者を演じるかは分かりません。
個人的には悪者の方がストーリー展開としては面白いかと思います。

 

 

参考文章

12年前、未解決の事件の保育園女児殺害事件が起こった保育園の園長・早川恭子の息子・中村慶介はワイドショー「ザ・プレミアワイド」に恨みを持って居た。
それは、親切を装って裏切ったプロデューサー・井出正弥のお陰で恭子が自殺した為である。
慶介はMP(メディアパニッシュメント)報道被害と言う掲示板を持って居た。
掲示板に相談が入る「ザ・プレミアワイド」の特集「みずきちゃん100日戦争」のみずきちゃんの母親からであった。
特集のお陰で募金額増えたが、編集のため病院と医師が悪い印象を持たされているという事であった。
慶介は井出の会社に盗撮カメラを置き、車で井出の行動を追いカメラで撮る。
慶介は盗撮カメラと車で井出の行動を追ったカメラの映像を編集して、悪徳プロデューサー・井出の映像を作り井出に見せ何時でも公開できるという。
井出はみずきちゃんの両親に謝った事を会社の会議で報告。
井出は上司に「大変がいつ来るか」と言われコンコンと怒られる。

慶介は警察官と成った。
MP(メディアパニッシュメント)に「ザ・プレミアワイド」のディレクター真崎久美子のクレームが入る。
慶介は真崎に騙されていた母親の姿を見ていた。
真崎は逮捕直前の殺人事件の容疑者を自分のミスによって取り逃がしていた。
容疑者は慶介を連れて来るように真崎に電話する。
真崎は慶介を言葉巧みに騙して容疑者の所に連れて行く。
慶介は隠しカメラを持って居た。
真崎が近寄って来た時からズーットカメラを動かしていた。
一緒に容疑者の所に行くと容疑者は真崎に話し掛けて来たどうも知り合いらしい。
親しく話している所を慶介は隠しカメラで撮っていた。
何と、真崎は自分のミスよって取り逃がしたのではなく容疑者に頼まれて逃がしたのであった。
後日、慶介は2人の様子の映像を公表。
真崎は仕事が出来なくなってしまう。