シグナル ドラマ 動画 5話 無料視聴見逃し配信再放送 Dailymotion Pandora 9tsu miomio

スポーツの試合の放送時間が延長してしまったり、録画を忘れて ついつい見逃してしまった人も多いですよね。

そこで今回は、「シグナル」の動画を無料で見られる方法をご紹介していこうと思います!

※なお、本ページの情報は2018年5月時点のものです。最新の配信状況は FODサイトにてご確認ください。

シグナル ドラマ 動画 5話 無料視聴見逃し配信再放送 Dailymotion Pandora 9tsu miomio

Dailymotion

 

「シグナル」~YouTube、Pandora、Dailymotion、9tsuなどで動画が削除されていた場合

それでは、まずは「シグナル」の第1話~最終回までの動画の見逃し配信を無料視聴する方法をご紹介しておきますね。

もし、上記リンク先で既に動画が削除されているのであれば、あとはFODで無料視聴をすることが可能になります。

順序としては、

  1. FODに登録(31日間無料)
  2. 「シグナル」の動画を視聴
  3. 無料お試し期間中(31日以内)に解約

このようにすれば、動画を視聴できますし、31日以内に解約すれば一切お金はかかりませんのでオススメです。

また、「シグナル」の他にも、他の最新ドラマの動画も視聴することが可能です。

月額利用料もすごく安いので、すぐに解約することもできるし、気に入った場合は継続できるのがFODの良いところですね!

FODの公式サイトはこちら⇒FODプレミアム(フジテレビオンデマンド)

恋神アプリ ボラカイ島編

「シグナル」のあらすじ

過去とつながる不思議な無線機を通じて、大山(北村一輝)と事件の捜査をともにした健人(坂口健太郎)は、現在の大山を探し出そうと、かつて同僚だった岩田(甲本雅裕)に話を聞く。すると大山が18年前に失踪し、その後収賄で懲戒免職になったことが分かる。にわかには信じられない健人は、当時大山に金を渡した男を訪ねるが、そこで得たのは両者の間で金銭の授受があった確かな証拠。 ショックを受ける健人だったが、大山が消息を絶った日付が2度目に無線のつながった日で、無線の先で銃声が響いた日であることが気にかかる。警視庁では、そんな健人の動向をある人物が注意深く監視していた。 1998年の大山は、高級住宅地で起きた連続窃盗事件を追っていた。犯人は同じ地区で1カ月の間に3件、いずれも厳重なセキュリティーを破って被害者宅に侵入。警察は、窃盗の前歴者による犯行も視野に入れ、犯人の特定を急いでいた。前歴者リストには、かつて大山が逮捕した元窃盗犯・工藤(平田満)の名前も。工藤は娘の和美(吉川愛)のために今は真面目に働いていて、和美もまた父を信じてほしいと、大山に懇願する。 行き詰った大山が頭を抱えていると、再び2018年の健人と無線がつながる。事件が20年後も未解決だと知った大山は犯人の情報を教えてほしいと頼むものの「過去を変えるのは危険だ」と拒否する健人。それでも大山はせめて次の犯行日を教えてほしいと頼み…。

FODの公式サイトはこちら⇒FODプレミアム(フジテレビオンデマンド)

恋神アプリ ボラカイ島編

「シグナル」に寄せられた感想・評価

https://twitter.com/128_leeann/status/983625652053004290

 

Twitter上に挙げられていたコメントの一部を抜粋して紹介しておきました・・・今回のドラマ【シグナル】の韓国作品が原作ということなので、かなり情熱的なストーリー好きの人にはたまらないのではないでしょうか(笑)

 

また、FODをはじめとした動画配信サービスを有効活用している人も多いみたいです・・・Dailymotion、Pandoraの動画とかって広告がウザいですし、もう少しマイナーな動画サイトとかは、再生ボタンをクリックすると変な広告が流れてきて、パソコンがウイルスに感染するという話も聞きます。

 

安心して「シグナル」を動画視聴したいならFODがオススメですよ。

FODの公式サイトはこちら⇒FODプレミアム(フジテレビオンデマンド)

恋神アプリ ボラカイ島編

 

 

参考文章

話しの展開の早さにすんなり見れ楽しめると感じました。又、専門的な事が多いので楽しかったです。
薄っぺらい感じの内容では無い所が見どころです。
始めは完全に恋人が浮気を恨んで犯した犯行だと思いました。
付箋で化学薬品を扱う仕事をしているだとか、浮気しているだとかを盛り込んできたので明らかに違うかなと思いながら見ていました。
死んだ後も死に方によってはあれ程叩かれるのは、親も可哀そうだし、恋人や残された人も不幸にするなと思いました。
情報を拡散出来るのは予防の一手を担いますが、違う情報の拡散にもつながってしまうんだなと思いました。
何よりも、所長が自身の欲で動く人ではなくてすっきりしました。
院長に流されずにきちんと会社の立場から物を言う人で見ていてすっきりしました。
次回は一家四人の無理心中が題目です。
しかし展開的にこれは無理心中では無いと言う流れになります。
その犯行の方法や手段を解剖しながら、思いを馳せる事になると思います。
無理心中に見せかける殺し方もさることながら、その犯行の手段を脂肪解剖の先生等でなければ明かす事が出来ないのは、犯人としても凄腕のように思いますが。
解剖医が結果として犯人を捕まえるに至るかは定かではありません。今回は原因を突き止める事で話しは終焉しましたが、次回は犯人がいます。それを誰と特定するのは一体誰の仕事になるのでしょうか。
主人公の恋愛模様も少し織り交ぜられる事になると思います。きっとバイト君と仲良くなるのではないかなと思います。

 

 

参考文章

おもしろい!その要素は3つ。

ひとつめは、石原さとみ演じるみことがどこにでもいる仕事を一生懸命こなす女性であること。
ふたつめは、『アンナチュラルデス』という、なかなか聞き慣れないが社会課題であること。
そして、みすみの過去にちらつく暗い過去。

はじまりは仕事前のロッカー。夜の合コンの話、職場の人間関係の話と、話題はとても身近だ。
その後ある両親が、息子の死因について疑問をもってUDIラボに訪れる。「不自然死の8割以上が解剖されないまま」「先進国で最下位」と、所長である神倉が発する言葉が重く響く。そしsて会話の中で出てくる「法医学は未来のための医学」というフレーズ。テーマが身近ではない分知らないことも多く、問題を突きつけられる感覚になった。

第一話「名前のない毒」は、「毒は比較することでしか検出できない」「すべての物質は毒であり、毒でないものはない。容量が毒と薬を区別する」等、印象に残る言葉が本当に多かったように思う。
亡くなった男性の彼女が犯人と疑うシーンは、最近ありがちだった刑事ドラマや探偵物を連想させたが、そういう「謎解き」「犯人探し」ではなく、事実を明らかにし、亡くなった方と残された家族に想いを馳せるストーリーは、見終わった後あたたかい気持ちになった。
UDIラボで働く人々の日常と、私たちにとって非日常のテーマ。このギャップとスピーディな展開に今後も目が離せない。
第一話のなかで打たれた布石。それはみことの過去について、井浦新演じる中堂が探している「赤い金魚」について。

結婚相手を紹介すると言ったときの弟の反応や、窪田正孝演じる久部が最後に電話で聞いた「雨宮 浦和 一家四人無理心中」というキーワードから、みことはその「一家四人無理心中」の家族の一人なのだろう。無理心中ではなく殺された?だから法医学者に?気になるのは予告で出ていた『生きてるときに助けられず 死んでからも見なかったことにするんですか』というみことの言葉。家族の死因に疑問があったからだろう。
逆に中堂の「赤い金魚」についてはヒントが少なすぎて、バツイチであることと合わせて、過去になにかあることは確か。第一話の完成度を考えると、みことの過去とつながっているかもしれない。
ストーリー展開の予想としては、「赤い金魚」は『自殺に見せかけた殺人』をしているグループのなんらかの証。中堂の奥さんは何らかの形(被害者の可能性も含めて)でそれに関わっている。そしてみことの家族も同様。北村有起哉演じるフリーの記者は、その何かを知っている。一瞬だけ登場した「これからもっと死人が出ますよ」というフレーズも、どこか気になる。個人的な予測としては、確信が迫ったところでこの記者亡くなる気がします。

全体的に完成度が高く、こまかく散りばめられている布石は、観ている側としてはとても気になった。
今後の展開が楽しみです。