シグナル ドラマ 動画 6話 無料視聴見逃し配信再放送 Dailymotion Pandora 9tsu miomio

スポーツの試合の放送時間が延長してしまったり、録画を忘れて ついつい見逃してしまった人も多いですよね。

そこで今回は、「シグナル」の動画を無料で見られる方法をご紹介していこうと思います!

※なお、本ページの情報は2018年5月時点のものです。最新の配信状況は FODサイトにてご確認ください。

シグナル ドラマ 動画 6話 無料視聴見逃し配信再放送 Dailymotion Pandora 9tsu miomio

Dailymotion

 

「シグナル」~YouTube、Pandora、Dailymotion、9tsuなどで動画が削除されていた場合

それでは、まずは「シグナル」の第1話~最終回までの動画の見逃し配信を無料視聴する方法をご紹介しておきますね。

もし、上記リンク先で既に動画が削除されているのであれば、あとはFODで無料視聴をすることが可能になります。

順序としては、

  1. FODに登録(31日間無料)
  2. 「シグナル」の動画を視聴
  3. 無料お試し期間中(31日以内)に解約

このようにすれば、動画を視聴できますし、31日以内に解約すれば一切お金はかかりませんのでオススメです。

また、「シグナル」の他にも、他の最新ドラマの動画も視聴することが可能です。

月額利用料もすごく安いので、すぐに解約することもできるし、気に入った場合は継続できるのがFODの良いところですね!

FODの公式サイトはこちら⇒FODプレミアム(フジテレビオンデマンド)

恋神アプリ ボラカイ島編

「シグナル」のあらすじ

1998年で連続窃盗事件を捜査する大山(北村一輝)から無線で助けを求められた健人(坂口健太郎)は、過去を変えることは危険だと感じつつも、プロファイラーとして解決の糸口を伝える。すると翌日、事件ファイルから捜査に関する記録が消滅。発生から20年後も未解決だったはずの事件は、1998年に元窃盗犯の工藤雅之(平田満)が逮捕されていた。目撃証言に加え、健人の助言通りの場所から指紋が検出されたらしいが、過去の捜査資料によれば、工藤は現場に指紋ひとつ残さない慎重なタイプ。また工藤が逮捕後も否認し続けたことから、健人は、自分の言葉が無実の罪を生んだのではないかと動揺する。 その矢先、刑期を終えたばかりの工藤が誘拐事件を起こす。被害者の矢部香織(野崎萌香)は両親と暮らす自宅で拉致された後、行方が分からなくなっていた。捜査本部は金銭目当ての犯行と断定するが、現場に多くの証拠が残されていることに違和感を覚えた健人は、犯行の動機が怨恨ではないかと推理。無線で確かめようとすると、大山は、健人が最も恐れていた事態について話し始める。 一方、香織本人からの電話がきっかけで、監禁場所を特定した美咲(吉瀬美智子)たち。そこへ健人から連絡が。実は、工藤が連続窃盗犯の容疑者として連行された直後、その娘が事故で焼死。その際、香織とその父・英介(小須田康人)との間にある接点が生まれたと話す。

FODの公式サイトはこちら⇒FODプレミアム(フジテレビオンデマンド)

恋神アプリ ボラカイ島編

「シグナル」に寄せられた感想・評価

 

Twitter上に挙げられていたコメントの一部を抜粋して紹介しておきました・・・今回のドラマ【シグナル】がきっかけで原作のドラマを見始めたという人が多いようですね!

 

また、FODをはじめとした動画配信サービスを有効活用している人も多いみたいです・・・Dailymotion、Pandoraの動画とかって広告がウザいですし、もう少しマイナーな動画サイトとかは、再生ボタンをクリックすると変な広告が流れてきて、パソコンがウイルスに感染するという話も聞きます。

 

安心して「シグナル」を動画視聴したいならFODがオススメですよ。

FODの公式サイトはこちら⇒FODプレミアム(フジテレビオンデマンド)

恋神アプリ ボラカイ島編

 

 

参考文章

久しぶりに変わった弁護士、グダグダしているように見えて、事実を確認する作業になると目の鱗を変えて、才能を発揮する松本潤さん演じる深山が見られて嬉しかったです。昨シーズン同様、ギャグもボケなど見どころのひとつにもなっている和やかなムードも健在のまま戻ってきてくれて、嬉しかったです。ストーリーも濃厚、写真の写し方が身長で違ってくるなんて、初めて自分自身知ったことだったし、深山は、その写真に写るイメージキャラクターを取っている中の人まで良く見ていて、その人が撮った動画から事実を編み出すとはすごいな閃きだなと思いました。また、新しく加わった木村文乃さん演じる尾崎が過去元裁判官で何かがあった模様で、気になります。来週も深山の賢い頭の閃きを見守らせていただきたいので、必ず見ます。
深山の母の遺留品が、深山の元に届けられ、介護施設で使っていたものだと言われるが、深山には遺留品に見覚えがなく、本当に母のものなのか探っていく。深山は母の遺留品が父が逮捕された事件の事実のキーポイントとなり、新しい事実を知ることに成功する。しかし、それは幼少期の深山の心のトラウマを思い出す苦しいものでもあった。0.01パーセントの閃きがそれでも浮かんできたことから、深山はトラウマを抱えながらも弁護士として、事実を発表する。父の事件に関わった人物などにも謝罪し、大掛かりな事件となるが、木村文乃演じる尾崎の元裁判官としての存在、能力にサポートされ、助けられる部分が多々あり、深山は彼女を慕うようになる。

 

 

参考文章

深山がキャンディを取り出すシーンが多く、深山がキャンディを使って皆の前で駄洒落を言ったときに、他の人はしらけていたのにも関わらず佐田だけが大爆笑していたところが面白かったです。
今回の事件は、依頼人は完全無罪を主張するものの、状況的に完全無罪は難しかったのですが、深山の賢明な調査により真犯人の手がかりが明らかになったシーンでは、あまりにも関連性が見えない証拠だったので一瞬だけ深山がハッタリを使うのかと予想してしまいました。
裁判官の中で「深山」という弁護士が法廷を荒らしているとの黒い噂があると聞いた深山の反応が期待していた反応と違い、なんだ別人かと思わせるような態度をとっていたので、深山がより興味深くなりました。
今回は関係なさそうな証拠を使いながら事件の真実を紐解きましたが、次回の事件からは今回の事件のように2~3人の尋問では何とかならないほどの難事件になりそうです。
1話の最後には深山の父が巻き込まれた事件の新しい証拠を深山が受け取りましたが、深山の事件が関わるのはクライマックスの方になるのかと予想します。
裁判官同士で深山の黒い噂が流れていますが、深山の名前の読みが「みやま」なので、本当に深山なのかは今はまだ謎ですが、深山がやることと言っても関連性のなさそうな新しい証拠品を持ち出すくらいなので、このことに関しては今後の展開を期待するほかなさそうです。
事件が複雑になればなるほど、裁判の日数が増えそうな予感がしますが、法廷のシーンはそれに合わせて増加するのかが気になります。