家政夫のミタゾノ2018 動画 5話 無料視聴 見逃し配信 再放送 Dailymotion Pandora 9tsu miomio

スポーツの試合の放送時間が延長してしまったり、録画を忘れて ついつい見逃してしまった人も多いですよね。

そこで今回は、ドラマ『家政夫のミタゾノ』の動画を視聴する方法をご紹介していこうと思います!

※なお、本ページの情報は2018年5月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

家政夫のミタゾノ2018 動画 5話 無料視聴 見逃し配信 再放送 Dailymotion Pandora 9tsu miomio

【YouTube】

【Dailymotion】

 

※動画が既に削除されてしまっている場合

上記のように、DailymotionやYouTubeのURLをご紹介していますが既に削除されているかもしれません。

なので、削除されている場合は以下の方法の動画を視聴していきましょう。

ドラマ『家政夫のミタゾノ2018』~Pandora、Dailymotion(デイリーモーション)などで動画が削除されていた場合

それでは、まずはドラマ『家政夫のミタゾノ2018』の第1話~最終回までの動画の見逃し配信を視聴する方法をご紹介しておきますね。

もし、上記リンク先で既に動画が削除されているのであれば、あとはU-NEXTで動画を視聴をすることが可能になります。

順序としては、

  1. U-NEXTに登録(お試し期間:31日間)
  2. ドラマ『家政夫のミタゾノ2018』の動画を視聴
  3. お試し期間中(31日以内)に解約

このようにすれば、動画を視聴できますし、31日以内に解約すれば登録料などお金はかかりませんのでオススメです。

まあ、これはドラマ『家政夫のミタゾノ2018』に限らずなんですが、TBS系列のドラマは、U-NEXTから最新話が随時配信開始になります。

月額利用料もリーズナブルですし、すぐに解約することもできるし、気に入った場合は継続できるのがU-NEXTの良いところですね!

U-NEXTの公式サイトはこちら⇒>>U-NEXTの無料登録はこのリンクから

あゝ、荒野バナー

ドラマ『家政夫のミタゾノ2018』 第5話の内容

デザイナーを夢見る木口一美(佐藤仁美)は、有名デザイナー・森品千恵子のもとで家政婦として働いていたが、自分のデザインが千恵子によって盗作されたことで口論となり、揉みあった末に誤って殺害してしまう。そこに、千恵子の依頼で派遣された三田園薫(松岡昌宏)と五味麻琴(剛力彩芽)がやってくる!一美は、千恵子になりすまし、その場をなんとか乗り切ろうとするが…?

U-NEXTの公式サイトはこちら⇒>>U-NEXTの無料登録はこのリンクから

あゝ、荒野バナー

ドラマ『家政夫のミタゾノ2018』に寄せられた感想

 

ドラマ『家政夫のミタゾノ2018』の感想についてまとめてきました・・・TOKIOは今大変でしょうから、そんな中、松岡さんに対する応援メッセージもネット上に多く寄せられていますね。

 

また、見逃し配信を視聴する際はU-NEXTなどの公式の動画配信サービスを有効活用している人も、やはり多いみたいですね・・・PandoraやDailymotionの動画とかって広告がウザいですし、もう少しマイナーな動画サイトとかは、再生ボタンをクリックすると変な広告が流れてきて、パソコンがウイルスに感染するという話も聞きます。

 

安心してドラマ『家政夫のミタゾノ2018』の動画を視聴したいならU-NEXTがオススメですよ!

U-NEXTの公式サイトはこちら⇒>>U-NEXTの無料登録はこのリンクから

あゝ、荒野バナー

 

 

参考文章

今回のストーリーは、深山弁護士のお父さんの事件の真相を追う内容だったので、とにかく最初から目が離せませんでした。現場に落ちていた見慣れないお守りの発見により、一気に真犯人がいたことを示す重要証拠として動き出した深山弁護士、そしてそれを助ける個性キャラの明石、さらに前回より加わった心強い助っ人の尾崎のやり取りがなかなか面白かったです。

また知り合いの検事として、自身の身が危うくなることにも恐れず協力してくれた丸川の、正義感あふれる尽力にもちょっと感動しました。

さらに後から大きな助っ人として加わった佐田の存在感の大きさと、このドラマの面白さを一段と引き出す演技力には脱帽という感じでした。

最終的にチーム一丸となって真実を突き止めることができて、本当に良かったと思いました。
今回の事件をきっかけに、正式に尾崎が弁護士として仲間に加わったことで、来週以降がさらに楽しみになりました。深山と尾崎は全然全く違うタイプの弁護士ですが、どちらも誠実でまっすぐなよい弁護士なので、二人の絡みによって今後の事件がより一層いい解決を見せるのだろうと思います。

そしてそれを陰で支えながらさらに事件をより解決の方向へと導く佐田の敏腕さ、さらに彼ら全員をよく知り、上手にまとめながらすべてを牛耳っている班目の個性あふれる存在感によって、この先もさらに面白くなっていきそうです。

誠実そうでありながら何を企んでいるのかわからないなかなかの曲者といった印象で、最後までどんな展開が待っているのか楽しみです。今後もますます目が離せません。

 

 

参考文章

SEASONⅠまでに解決しなかった深山のお父さんの昔の事件の解決が第2話にして完結したことにまず驚きました。
毎回1話完結で話が進むためテンポ良く見られて解決まで行くため、爽快に終わる感じが週末のドラマでとして非常に好感がもてました。
20年以上前の事件を明確に憶えている人が多すぎな点や入山記録の別の警官の名前があっさり見つかった点など多少不自然なことはありましたが、
全体的には明快な問題解決が進むストーリーとなっていました。
特に、これまでの伏線からもっと国や裁判のあり方事態を巻き込んだ大きなストーリーになっていくよりも検事や裁判官の個人的な利益により無実
の人が有罪になってしまう点が99.9っぽくて良かったと思います。
第2話で前作までの深山の伏線を一つ使っているので、尾崎弁護士の伏線や笑福亭鶴瓶の演じる裁判官のところから大きな展開になってになって
いくのではないかと予想しています。尾崎が裁判官を辞めた理由も気になる所です。
ただ、これだけ第2話の因縁をあっさり終わらせたことで、残りの回数から考えると実は佐田や所長も事件に関係がある小さなそれぞれの事件
を解決していくうちに、実はそれが薄く繋がっていることに深山達が気づき一つの壁にぶつかるのではないかと思います。

そしてみんなでその壁に対抗していくという展開を期待しています。その壁が観方であった所長だったりという感じに発展していくのではないでしょうか。
個人的には最近騒がれてい週刊文春のような被害者を作り上げるメディアのあり方に言及するストーリーになっていくことを少し期待しています。