家政夫のミタゾノ2018 動画 6話 無料視聴 見逃し配信 再放送 Dailymotion Pandora 9tsu miomio

スポーツの試合の放送時間が延長してしまったり、録画を忘れて ついつい見逃してしまった人も多いですよね。

そこで今回は、ドラマ『家政夫のミタゾノ』の動画を視聴する方法をご紹介していこうと思います!

※なお、本ページの情報は2018年5月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

家政夫のミタゾノ2018 動画 6話 無料視聴 見逃し配信 再放送 Dailymotion Pandora 9tsu miomio

【YouTube】

【Dailymotion】

 

※動画が既に削除されてしまっている場合

上記のように、DailymotionやYouTubeのURLをご紹介していますが既に削除されているかもしれません。

なので、削除されている場合は以下の方法の動画を視聴していきましょう。

ドラマ『家政夫のミタゾノ2018』~Pandora、Dailymotion(デイリーモーション)などで動画が削除されていた場合

それでは、まずはドラマ『家政夫のミタゾノ2018』の第1話~最終回までの動画の見逃し配信を視聴する方法をご紹介しておきますね。

もし、上記リンク先で既に動画が削除されているのであれば、あとはU-NEXTで動画を視聴をすることが可能になります。

順序としては、

  1. U-NEXTに登録(お試し期間:31日間)
  2. ドラマ『家政夫のミタゾノ2018』の動画を視聴
  3. お試し期間中(31日以内)に解約

このようにすれば、動画を視聴できますし、31日以内に解約すれば登録料などお金はかかりませんのでオススメです。

まあ、これはドラマ『家政夫のミタゾノ2018』に限らずなんですが、TBS系列のドラマは、U-NEXTから最新話が随時配信開始になります。

月額利用料もリーズナブルですし、すぐに解約することもできるし、気に入った場合は継続できるのがU-NEXTの良いところですね!

U-NEXTの公式サイトはこちら⇒>>U-NEXTの無料登録はこのリンクから

あゝ、荒野バナー

ドラマ『家政夫のミタゾノ2018』 第6話の内容

恋愛成就率99.9%の人気占い師・望月ルナ(鳥居みゆき)からの依頼で、自宅を訪れた三田園薫(松岡昌宏)と五味麻琴(剛力彩芽)。占いを的中させるルナの姿を目の当たりにした麻琴は、自らも占いを受けてある予言を授かる。一方、三田園はルナの寝室で札束を発見…!その夜、ジャーナリストの内山田洋子(東風万智子)から、ルナに騙されたと訴える女性が最近急増していること、巨額の所得隠しの噂があることを告げられて…?

U-NEXTの公式サイトはこちら⇒>>U-NEXTの無料登録はこのリンクから

あゝ、荒野バナー

ドラマ『家政夫のミタゾノ2018』に寄せられた感想

 

ドラマ『家政夫のミタゾノ2018』の感想についてまとめてきました・・・TOKIOは今大変でしょうから、そんな中、松岡さんに向けてエールを送るファンが多数ですね!

 

また、見逃し配信を視聴する際はU-NEXTなどの公式の動画配信サービスを有効活用している人も、やはり多いみたいですね・・・PandoraやDailymotionの動画とかって広告がウザいですし、もう少しマイナーな動画サイトとかは、再生ボタンをクリックすると変な広告が流れてきて、パソコンがウイルスに感染するという話も聞きます。

 

安心してドラマ『家政夫のミタゾノ2018』の動画を視聴したいならU-NEXTがオススメですよ!

U-NEXTの公式サイトはこちら⇒>>U-NEXTの無料登録はこのリンクから

あゝ、荒野バナー

 

 

参考文章

原作と異なる部分が多く感じた。まず、人物の設定で、しゅうは蔵之介の弟であるというのに違和感を感じた。蔵之介がしゅうをお前と呼んでいたのが嫌だった。また、月海は鹿児島出身だが、原作では標準語で訛っていないので、少しやりすぎではないか、と感じた。天水館は原作ではもっと和風なのに洋風だったので違和感があった。映画化されたが、映画の方が原作を忠実に再現していると思った。始まり方が唐突すぎて分かりにくかった。瀬戸康史の女装はかわいいと思った。あま〜ず達はキャストが良いが、ジジ様の出演時間が他に比べて少なく感じた。月海の回想シーンでの、お母さんとの会話も原作と違っていて、月海がドレスをデザインすると言っていたが、それだと伏線を張っている感じがした。
この調子だと、原作と異なる部分がまた多く出てくるのではないかと思った。原作では総理大臣がいい役を効かせているのに、映画でもドラマでも出てこないのは残念なので出て欲しいなと思った。原作では海外に月海が連れて行かれるが、このスピードだと映画と同じようにファッションショーまでしか行かなさそうだと思った。あと、蔵之介が月海にドキドキするのが早すぎると思った。もっとゆっくり自覚して、月海に愛の言葉を告げる方がいいと思った。原作を読んでいる人も読んでいない人も、もっと蔵之介の心情に寄り添ったストーリー展開にして欲しいと思った。ここからはあま〜ず達と政治家たちの戦いのシーンが多いので、俳優陣がもっと個性を出してくれると思う。

 

 

参考文章

キャストが全体的に原作に忠実で、感動しました。
尼ーズの人々も、とてもいい感じでした。
主演の芳根京子さんは、やはり“月海”のイメージにピッタリでした。他にも木南晴夏さん、松井玲奈さんや、内田理央さんと豪華な顔ぶれですが、清々しいほどにオタクっぷりを発揮しています。松井玲奈さんと内田理央さんに至っては顔がほとんど見えませんが、本当に素晴らしい演技だと思います。
富山えり子さん演じる“千絵子”も、本当に漫画の世界から抜け出したようにそっくりです。
そして、瀬戸康史さん演じる“蔵之介”は透き通る白い肌の女の子姿がとても可愛かったです。特に目が印象的で、女の子でも男の子でも通用するピッタリなキャストだと思いました。
今後もさらに目が離せないです。
クラゲオタクの“月海”は、小さい頃亡くなった母と見た同じクラゲを見て、母親の思い出して泣いてしまいました。泣いた“月海”をそっと抱きしめた“修”との今後の二人の関係はどうなっていくのか、またメガネがない“月海”を間近に見つめていた“蔵之介”との関係も気になります。兄弟で“月海”を取り合う三角関係になってしまうのでしょうか。
そして、土地買収話が出てきているので、男子禁制のアパート“天水館”の運命はどうなっていくのか。
千絵子さんがアパートのオーナーである母親から電話がきていたようですが、立ち退きとなってしまうのでしょうか。はたまた、売れっ子BL漫画家の目白先生はどのような人物なのか、部屋から出てくるのかも、とても気になるところです。