平昌パラリンピック 動画 閉会式 見逃し配信再放送 Dailymotion pandora

スポーツの試合の放送時間が延長してしまったり、録画を忘れて ついつい見逃してしまった人も多いですよね。

そこで今回は、『平昌パラリンピック』の動画を視聴する方法をご紹介していこうと思います!

※なお、本ページの情報は2018年3月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

平昌パラリンピック 動画 閉会式 見逃し配信再放送 Dailymotion pandora

【YouTube】

【Dailymotion】

 

※動画が既に削除されてしまっている場合

上記のように、DailymotionやYouTubeのURLをご紹介していますが既に削除されているかもしれません。

なので、削除されている場合は以下の方法の動画を視聴していきましょう。

『平昌パラリンピック』~Pandora、Dailymotion(デイリーモーション)などで動画が削除されていた場合

それでは、まずは『平昌パラリンピック』の第1話~最終回までの動画の見逃し配信を視聴する方法をご紹介しておきますね。

もし、上記リンク先で既に動画が削除されているのであれば、あとはU-NEXTで動画を視聴をすることが可能になります。

順序としては、

  1. U-NEXTに登録(お試し期間:31日間)
  2. 『平昌パラリンピック』の動画を視聴
  3. お試し期間中(31日以内)に解約

このようにすれば、動画を視聴できますし、31日以内に解約すれば登録料などお金はかかりませんのでオススメです。

まあ、これは『平昌パラリンピック』に限らずなんですが、TBS系列のドラマは、U-NEXTから最新話が随時配信開始になります。

月額利用料もリーズナブルですし、すぐに解約することもできるし、気に入った場合は継続できるのがU-NEXTの良いところですね!

U-NEXTの公式サイトはこちら⇒>>U-NEXTの無料登録はこのリンクから

あゝ、荒野バナー

『平昌パラリンピック』の内容一部

[延伸のとき以降の番組に変更あり]

出演者
ゲスト
中西麻耶,
キャスター
中野淳

U-NEXTの公式サイトはこちら⇒>>U-NEXTの無料登録はこのリンクから

あゝ、荒野バナー

『平昌パラリンピック』に寄せられた感想

 

『平昌パラリンピック』の感想についてまとめてきました・・・金メダルラッシュに日本中が沸いていることがネット上のコメントからも伺えますね!

 

また、見逃し配信を視聴する際はU-NEXTなどの公式の動画配信サービスを有効活用している人も、やはり多いみたいですね・・・PandoraやDailymotionの動画とかって広告がウザいですし、もう少しマイナーな動画サイトとかは、再生ボタンをクリックすると変な広告が流れてきて、パソコンがウイルスに感染するという話も聞きます。

 

安心して『平昌パラリンピック』の動画を視聴したいならU-NEXTがオススメですよ!

U-NEXTの公式サイトはこちら⇒>>U-NEXTの無料登録はこのリンクから

あゝ、荒野バナー

 

 

参考文章

四宮先生が会議の中のセリフで、6、7人に一人の割合で流産が起きているということをもっと知ってもらう必要があると言っていましたが、
そのことは私も自分が妊娠をするまで知りませんでした。でもこの作品を見ることで、少しでも多くの人がそういった事実があることを知る機会になるのではないかと思い、やはり「コウノドリ」は素晴らしい作品だなと思いました。
不育症の原因が現在の医学でもまだまだわからないことが多いことも初めて知り、検査をしても原因がわからないと告げられた妊婦さんはとてもつらいだろうなと思いました。
不育症で流産をした篠原沙月が、病院で旦那にメールをしようかと思い、途中で消してしまうシーンを見て、
私も不妊治療をしている時に一人で悩み、同じようなことがあったので、共感し胸があつくなりました。
出生前診断については以前テレビ番組でも取り上げられていて、とても難しい問題だなと思っていました。生まれる前に何か問題が見つかったとして、その子どもをおろすのかという点は正解がなく、両親にとって本当に難しい選択だと思います。この難しい出生前診断について、コウノドリ先生はどうアドバイスするのか想像がつかず、とても気になります。9話までに選択を迫られるシーンは何度かありましたが、結局最後はすべて自分で選択しなければいけないというような展開でしたので、10話でも夫婦それぞれで答えを導き出し決断するのだろうけれど、どちらを選んだとしても夫婦にとって辛さは残ると思います。そのフォローを産科の先生はどのようにするのか楽しみです。

 

 

参考文章

3度目の流産を経験することとなった、今回の主人公篠原沙月。
自らを不育症ではいか、と疑いを持ち、ペルソナ総合医療センターの不育症の検査を受けることとなる。
医師に何が原因だろうか、と問いかけるものの
男性医師は、「ストレスをためないことですね」とあっかりな回答。
これってよくある、医師の「ストレス」常套対応でしょうね。
本当に「ストレス」なのでしょうが、
患者としては、「ストレス」という言葉でなく、
傷ついてもいいから、「●●が原因で妊娠しにくい/流産しやすいです」という診断を下してほしかったのでしょうね。
その後は現実逃避のようにベッドに引きこもる沙月。
思うに、ペルソナのような大きな総合病院では患者のプライベートな感情まで細やかに対応するのは難しいです。
個人クリニックのような場所に紹介をしたり、患者相互会ではないですが、
同じ境遇の方々とのサロンやカフェなどのイベントを紹介したらいいのに、と
現実味のある対応をしてほしかったな、と感じました。
2話連続で石川から連絡があり、帰郷した四宮。
ペルソナでの診察がある上に、父親の代打でリスクの高い「早剥」のオペまでしているハードな日程です。
また続けて父が倒れた、容体が悪い、などバッドニュースが立て続けに入りやしないか、心配です。
四宮父のそばにいるのは教師である妹。
コウノドリは「産科」がメインのドラマですが、
ちょっとばかりは、妹としかり今後を話し会う四宮先生の姿勢を待ってます。
確かに産科では「命を救う」。
父の患っているがんは「のこりある命とどう向き合うか」とちょっと視点が違いますが、
同じ命を扱っていることには変わりありません。
父と十分に話せずにあえなくなった、と後悔しないためにも、
四宮先生、忙しいけれど、親子で今後を話し合って納得してもらいたいです。