海月姫 動画 最終回 10話 無料視聴 再放送 見逃し配信 Dailymotion Pandora 9tsu

スポーツの試合の放送時間が延長してしまったり、録画を忘れて ついつい見逃してしまった人も多いですよね。

そこで今回は、ドラマ「海月姫」の動画を無料で見られる方法をご紹介していこうと思います!

※なお、本ページの情報は2018年3月時点のものです。最新の配信状況は FODサイトにてご確認ください。

海月姫 動画 最終回 10話 無料視聴 再放送 見逃し配信 Dailymotion Pandora 9tsu

Dailymotion

 

ドラマ「海月姫」~YouTube、Pandora、Dailymotion、9tsuなどで動画が削除されていた場合

それでは、まずは『海月姫』の第1話~最終回までの動画の見逃し配信を無料視聴する方法をご紹介しておきますね。

もし、上記リンク先で既に動画が削除されているのであれば、あとはFODで無料視聴をすることが可能になります。

順序としては、

  1. FODに登録(31日間無料)
  2. 『海月姫』の動画を視聴
  3. 無料お試し期間中(31日以内)に解約

このようにすれば、動画を視聴できますし、31日以内に解約すれば一切お金はかかりませんのでオススメです。

また、最新シリーズ『海月姫』の他にも、他の最新ドラマの動画も視聴することが可能です。

月額利用料もすごく安いので、すぐに解約することもできるし、気に入った場合は継続できるのがFODの良いところですね!

FODの公式サイトはこちら⇒FODプレミアム(フジテレビオンデマンド)

海月姫 ※1月15日(月)21時地上波放送開始

海月姫 最終回の予告動画

ドラマ「海月姫」 最終回のあらすじ

『天水館』を出た月海(芳根京子)は、とりあえず漫画喫茶で過ごすことに。そんな月海の個室を蔵之介(瀬戸康史)が訪ねて来た。クラゲのクララを預かった蔵之介は、飼育方法を聞きたかったのだ。すると、隣近所の個室からジジ様(木南晴夏)、ばんばさん(松井玲奈)、まやや(内田理央)、千絵子(富山えり子)が次々に現れー。“尼~ず”卒業と言いつつも、結局みんな一緒にいることにあきれる蔵之介。ともかく蔵之介は月海とともに『天水館』に残してきたクララの飼育道具を取りに行くことに。途中、修(工藤阿須加)からのプロポーズの返事を蔵之介に聞かれた月海は、まだ頭の整理がついていないと答える。 その頃、鯉淵家では、修が月海にプロポーズしたことを花森(要潤)に報告。プロポーズの言葉を聞いた花森は「2点」と酷評します。一方、再開発計画の見直しを知った稲荷(泉里香)は佐々木(安井順平)と慶一郎(北大路欣也)に事実確認に行く。顔を出した修も交えたところで、慶一郎は反対派が無視出来なくなったので行政として見直すと伝えた。 月海たちが『天水館』に着くと人の気配が…。現れたのは、カイ・フィッシュ(賀来賢人)。デザイナーは続けないと言う月海を残念がるカイは、蔵之介が才能を捨てさせたと告げ、よく考えるよう月海に言い残して去った。漫画喫茶に戻った蔵之介は『ジェリーフィッシュ』の解散を改めて宣言。すると“尼~ず”たちは…。

FODの公式サイトはこちら⇒FODプレミアム(フジテレビオンデマンド)

海月姫 ※1月15日(月)21時地上波放送開始

ドラマ「海月姫」に寄せられた感想・評価

https://twitter.com/chibii124/status/970641104532996096

 

Twitter上に挙げられていたコメントの一部を抜粋して紹介しておきました・・・つまらないと言われているドラマではありますが、リピーター視聴者からの評価はかなりものもですね。

 

また、FODをはじめとした動画配信サービスを有効活用している人も多いみたいです・・・Dailymotion、Pandoraの動画とかって広告がウザいですし、もう少しマイナーな動画サイトとかは、再生ボタンをクリックすると変な広告が流れてきて、パソコンがウイルスに感染するという話も聞きます。

 

安心して「海月姫」を動画視聴したいならFODがオススメですよ。

FODの公式サイトはこちら⇒FODプレミアム(フジテレビオンデマンド)

海月姫 ※1月15日(月)21時地上波放送開始

 

 

参考文章

出生前診断を受けた妊婦さんが、赤ちゃんを産む・産まないを選択しなくてはならなくなった時の家族や妊婦さん本人の心の葛藤が心にぐさっと刺さりました。妊婦さんが不妊治療の末授かった子供なので産みたいという気持ちとか、子供の命を自分の選択でうばってしまう罪悪感とか、先天性異常の子供を自分で育てる自信が持てないとか、家族は産まない方が良いとすすめるもののその対応に不信や不和を感じるとか同時に複数の入り交じった感情を持っていて、その心情を産婦人科の医師であるサクラに吐露するシーンは本当に見ていて辛かったです。出生前診断で産む・産まないの選択をすることの難しさを感じました。女性としては平常心で見られない話でした。
産婦人科医四宮が父親の訃報を聞き、故郷の能登へ三たび帰って行きます。四宮はある事件をきっかけにあまり感情を表に出さない人物なのですが、このときばかりは感情をむき出しにするのではないかと思います。四宮自身は父に反発しながらも尊敬と畏怖の念を持っていたと思うので、父親の死というものは悲しくてやりきれないと思います。一方、医師の白川は研修先が決まり、ペルソナを去るようです。医師やチーム、それぞれに自分の道を歩んでいくというラストになりそうですが、最終回以降も話自体は続いていく感じで終わると思うので、もしかしたらまた新シリーズが一年後や二年後などにあるのではないかと思います。そしてまたその時はキャストも同じメンバーだといいなと思います。

 

 

参考文章

今話のコウノドリは出生前診断についての、是非を問うという内容でした。
出生前診断を行うことへの考え方もペルソナ内の先生たちの間でさえ、真逆の考え方があります。
また、実際に出生前診断を行って、悩む両親たちの姿が描かれました。
1組は一人娘を持ち、夫婦でお弁当屋をやっていて、出生前診断の結果、ダウン症であることが分かった夫婦。
もう1組は不妊症の治療の末、やっと授かることのできた子が出生前診断の結果、ダウン症であることが分かった夫婦でした。
前者の夫婦は、お弁当屋を切り盛りするには、どうしてもかかりきりになれないと夫婦で判断した結果、中絶という選択をしました。
後者の夫婦は、奥さん以外の全員(夫・双方の両親)から、あきらめるべきと言われましたが、悩んでいる夫婦の話でした。
私自身、不妊治療を行っているので、非常に心に迫るものがありました。
これから先、自身に子どもが宿ってくれた時、出生前診断を行うのか、行って何らかの診断が下されたときに、諦めるのか産むのか…
実際に起こってみないとわからないことですが、このコウノドリというドラマは出産は奇跡で何が起こるかわからないということを、ある意味覚悟させてくれるドラマと感じています。
四宮先生がペルソナを去るかもしれないそんな予感と白川と下屋の別れの時を感じさせる予告に、ペルソナの仲間たちがそれぞれの進むべき道を選んでいく時を今回のドラマのラストでは描いていくのかもしれません。
個人的にはこれ以上先生が減ったら根本的に病院の業務に支障が出るんではないのかいと思ってしまいます。
例えば、いくら倉崎先生が来るからと、下屋先生の希望をあっさり通して救命にやったり、白川先生の学びたいを尊重して外に出してあげようとしたり、どんどん先生が減っちゃう!この病院大丈夫かなとちょっと思ってしまいますよね。
特に下屋先生が担当していた患者さんなんかは「どうして!?」」って思ってしまいそうですね。
最終的に患者さんも先生たちもみんながうまく丸く収まってくれるといいなと思いました。